保護猫の茶トラとらじが家族になったときの話

2020年11月29日




みなさん、ごきげんよう!🌃

いつもねこおでん日記を応援して頂きありがとうございます♪

今日は、ねこおでんの猫たちが家族になったときのことについて書こうと思います😊

今回はニャルソック隊長のとらじです。

大阪のおばちゃん

猫を保護した順番はらぶ、とらじ、みーこ、あんこ、ころんの順番です。

他の猫たちについても記事にする予定です。らぶとは順番が逆になっていますが、ご了承ください🙇‍♂️

とらじがやってくる前の話にはなるのですが、我が家にはアメリカン・ショートヘアのピースと茶トラの保護猫らぶがいました。ピースとらぶは仲が良く、楽しい毎日を送っていましたが、

ある時、ピースは病気になってしまい、亡くなってしまいました。

僕の母親は長年一緒に暮らしてきた愛猫のピースを亡くし、ひどく落ち込んでいたので、

その様子を見かね、新たに猫を迎えようと思い、以前、猫(らぶ)を譲渡してもらったことがある友人に相談することとしました。

その友人は市役所の生活環境課に勤めていて、迷い犬や捨て猫等を保護する仕事をしており、

問い合わせたところ、「ちょうど可愛い子猫がいる。」とのことだったので、さっそく子猫に会いに行きました。

その子猫は、生後3カ月くらいの茶トラ猫で、らぶが子猫だった時にそっくりだったので親近感がわき、また大きな目や茶トラ猫独特の金色に輝く被毛に惹かれたので保護することにしました。

左:らぶ 右:とらじ

名前は、家族会議で「とらじ」と命名され、今やねこおでん一家を守る大黒柱。

子猫を可愛がる母性と野良猫から家族を守る男気を兼ね備えたたくましい猫になりました!!

これからもとらじを応援お願いします(^_-)-☆

今日も猫ブログにお越しいただきありがとうございます♪🐱

よかったらクリックで猫たちを応援して頂けると励みになります!!

にほんブログ村 猫ブログへ