保護猫の茶トラらぶが家族になったときの話

2020年11月29日




みなさん、ごきげんよう♪🌃

いつもねこおでん日記へお越しいただきありがとうございます(^^♪

茶トラのとらじが家族になった話という記事をアップしました!

茶トラのとらじが家族になったときの話

一つ注意頂きたいのですが、

猫たちを保護した順番はらぶ→とらじ→みーこ→あんこ→ころんの順番です。

今回の記事はらぶについてです♪とらじと順番が逆であることにご注意ください!!

らぶを保護する前のこと。我が家ではアメリカンショートヘアのピースを飼っていたのですが、家族が猫好きであることから、もう一匹猫を飼おうという話になりました。😊

そこで市役所の生活環境課に勤務する友人に保護猫はいないかと尋ねると、ちょうど数匹の子猫を保護していると聞き、都合を合わせて会いに行くことに…。

当時は保護猫を引き取るという経験はなかったので、少し不安ではありましたが、子猫に会った瞬間にその不安は吹き飛びました(笑)

可愛らしい茶トラの子猫が3匹いて、中でも全身が黄金色の子猫を引き取ることにしました。




車に乗せて連れて帰り、先住猫ピースに合わせて、ラブ&ピースにちなんで、「らぶ」と命名しました。🐈

左:らぶ 右:とらじ

今ではニャルソック隊長とらじを支える姉貴分です♪🐱

近づくと鳴きながら擦り寄ってくる甘えんぼ🐈

本当に猫たちに癒される毎日です♪

小さい頃の写真がなかなか無くてすみません🙇‍♂️これからもらぶをよろしくお願いします!!

ちょっくら畑に行ってくる!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます♪

よかったらクリックで猫たちを応援して頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 猫ブログへ